敏感肌用の化粧水選びに必須!3つの条件とは?

敏感肌

 

30代くらいから増えてくる敏感肌。
敏感肌に良い化粧水を選ぶには、まずは敏感肌とは何なのか?を知る必要があります。

 

 

敏感肌とは・・・?

 

 

「肌が乾燥して、肌の保護バリア機能が弱まって
ちょっとした刺激にも弱くなっている」

 

 

こんな状態が敏感肌です。
そのため、敏感肌用の化粧水を選ぶ時は以下の条件が必須です!
 

 

 

乾燥肌対策ができる化粧水
肌の保護バリア機能を正常化できる化粧水

刺激が少ない!低刺激で肌に優しい化粧水

 

この3つが敏感肌に良い化粧水ということに、必然的になります。
この3つについて少しずつ解説していってみます。

 

超敏感肌敏感肌向けのセラミド化粧水の選び方はこちら

 

 

敏感肌に良い化粧水に必要な3つの要素とは?

乾燥肌対策ができる化粧水

 

敏感肌の原因になっている肌のバリア機能低下は、乾燥によるものがほとんどです。
30代前後から徐々に、肌の水分が少なくなって乾燥肌になる人が増えます。
これにともなって、敏感肌も増えてきてしまうのです。

 

そして、乾燥肌対策ができる化粧水では、セラミド配合化粧水がおすすめです。
特に効果が高いのは、セラミドの中でもヒト型セラミド配合の化粧水です。
保湿力、浸透力ともに高い成分ですので、このヒト型セラミド化粧水であるかどうかをまず見ると良いでしょう。

 

 

肌の保護バリア機能を正常化できる化粧水

敏感肌は、肌のバリア機能が弱まっているから、これを正常化できる化粧水が必要です。
バリア機能が元に戻れば、保湿をしても水分が蒸発しにくくなって乾燥肌対策にもなります。
このバリア機能が正常化すれば、敏感肌も当然改善してきます。

 

 

刺激が少ない!低刺激で肌に優しい化粧水

敏感肌は刺激に弱い状態ですから、当然使用する化粧水も低刺激であるものであることが必要です。
効果が高くても、刺激が強いものだと、またいつものピリピリがでてきてしまいますね。

 

できるだけ肌に優しい化粧水でスキンケアしながら、肌のバリア機能を元に戻していくことが
敏感肌対策の基本ですね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

敏感肌のスキンケアは難しく感じるかもしれませんが、実はシンプルなのです。
ぜひ、敏感肌に良い化粧水、自分に合った化粧水を選んで、しっかり使ってみてください!
徐々に敏感肌体質から脱却していくことができるでしょう。

 

 

化粧水で敏感肌対策をする流れとは?

 

@バリア機能が弱る原因である乾燥肌をケアする。

 

Aバリア機能を高めて、敏感肌体質から脱却していく。

 

B敏感肌に刺激を与えないようにスキンケアする。

 

 

この3つを徹底するだけで、敏感肌対策ができます。
ぜひ試してみてください^^

 

更新履歴